2020-10

日記

タイピングと爪について【メモ帳の切れ端1】

本記事では「タイピングと爪」について語っていきます。いかに作業を効率化するかを考えるのが日々の楽しみの一つなのですが、その方法の一つである「自分の能力を向上させる」について、タイピング速度向上のために爪やすりを購入したことについて書きなぐっていきます。
日記

日々の思考を文章化して思考を整理する書きなぐり【メモ帳の切れ端0】

この「メモ帳の切れ端」で何をしたいかを語っていきます。一番の目的は日々の思考を文章化して思考を整理することです。あとは普段無機質な記事ばかり書いているので、少し人間味を出した文章を書く練習をしたいということ!この切れ端では一発書きで思考の赴くままに書きなぐっていきます。
Science Memo

再生医療を自動化ロボットで高い再現性を実現するメモ

本記事では「再生医療で重要な「再現性」を達成するために自動化ロボットが有用なのでは」について紹介した記事を読んで学んだことをアウトプットします。再生医療が注目を浴びて、十数年経ち、実際に製品となって世に出てきました。さらなる再生医療の実現のために、自動化ロボットが非常に注目されているそうです。
Science Memo

循環器内科からの心臓の再生医療について【細胞から移植まで】

本記事では「心臓の再生医療について慶應大学循環器内科のチームが細胞作製から移植まで網羅的に取り組んでいること」について紹介した記事を読んで学んだことをアウトプットします。iPS細胞から心筋細胞の大量作製、純化精製、移植までを主に1つのチームの中で網羅的に研究を進めている、心臓の再生医療で注目のチームの一つだと感じます。
Science Memo

再生医療の免疫拒絶で注目されているユニバーサル細胞についてのメモ

本記事では「ユニバーサル細胞」について紹介した記事を読んで学んだことをアウトプットします。「ユニバーサル細胞」という技術が再生医療の細胞ソースとして注目されています。これは他者の細胞由来の再生医療製品を移植する時の免疫拒絶の課題を解決する強力な技術の一つとして期待されているとのこと。
Science Memo

1細胞解析は再生医療でも重要な技術というメモ

本記事では「再生医療で1細胞解析の役割、国際的な取り組み」について紹介した記事を読んで学んだことのアウトプットします。現在非常に熱い注目を浴びている「1細胞解析」の技術を用いて、再生医療でも細胞の品質、安全性を確認するための応用が取り組まれているとのことです。
Science Memo

再生医療がこの10年で発展したことと解決すべき課題のメモ

本記事では「再生医療がこの10年間でどこまで進んだのかついて」の対談記事を読んで学んだことをアウトプットします。2011年からの10年間、「再生医療はどのように進んだのか」「これから乗り越えないといけない課題は何か」について、大学と企業の様々な視点から議論されていました。
タイトルとURLをコピーしました